【LIFESTYLE】STYLE Azechi

お持ちのスウェット・
パーカーをさらに楽しむ。

カジュアルの定番アイテム「スウェット」。
誰もが1枚は持っているであろうアイテムを
より引き立てるインナーコーデネイトに着目。

実際にBARNSMEMBERが意識するインナー使い
を紹介します。

『だらしないくらいがちょうど良い』

BARNSOUTFITTERS Azechi

「自前のスウェットも程よく、
経年変化してきて少し小汚いくらいが
意外と小慣れてきて、僕は好きです。」


着用年数4年

「首元がやや詰まったスウェットの
インナーは僕は殆どシャツを入れます。」

「シャツ単体だけでもいいのですが、
スウェットの程よいカジュアルさ(=だらしなさ)
がいい塩梅にかしこまり過ぎない雰囲気に
帳尻を合わせてくれます。」

「デニムが多い僕にはこのスタイルが
なんともしっくりきます。」

「プレッピーといっていいのかはさておき、
お坊ちゃま感が、なんとなく性に合うんです。」

「こどもっぽい感じを払拭するのに
小物や足元には気を使うのが難点なんですが」

※Item:Vintage watch 【Tag Heuer】

 

「逆に首元がやや広めであったり、
シルエットがオトナぽっさがある
スウェットには、シンプルにTシャツです。
ヘインズとかベルバシーンは年中着てます。笑」

「吊りロンTとかも着心地が良いですし、
余計な重さもないので、こういった
インナーは本当に重宝します。」


※商品を見る

「全体のコーデネイトでいくと
インナーでの遊びがない分、
よりシンプルさを重視して
色味使いを意識することが多いです。」

「例えば、類似色で揃えてしまうとかです。」

「極端に言うと色だけ揃えちゃえば、
なんとなく見栄えが良いと思ってます。笑」

「足元も同系色で揃えちゃっても可。」

「そんな時はハイテク系のスニーカーが
大半です。僕はあまりこの手のスニーカーを
持っていないのでこれをヘビロテですが、、」

 「スウェットのシルエットによって
インナー使いを替えながら全体のバランス
で遊んでコーデネイトすることが多いです。
今回は、ネックの広さに着目して
全体のバランスを揃えただけなので
非常に簡単で誰にでもできると思います。」

春を迎える参考になるアイテムは下記よりご覧いただけます。


前の記事 次の記事